包茎はコンプレックスになることも - 包茎手術メリット・デメリットとは

包茎手術メリット・デメリットとは > 包茎はコンプレックスになることも

包茎はコンプレックスになることも

包茎は男性にとってコンプレックスとなることも多いです。
ですから、その包茎で健康上の問題は起きていなくても、治療を希望されることもあります。
コンプレックスの解消という意味で、包茎手術には十分なメリットがあると思われるわけですね。
なぜそれほどまでに包茎がコンプレックスとなるのかは、ペニスの形状で男性としての価値を決めることがあるからです。

成人男性のペニスは亀頭周りの皮がむけ、亀頭が露出しているのが通常とされます。
つまり、成人になってもまだ亀頭が皮に覆われる包茎は、男性としてまだ成熟していないといったニュアンスで捉えられることもあるのですね。
それは包茎に悩んでいる男性本人がそう考えていることもあれば、周りからそのような目を向けられてコンプレックスとなるケースもあります。
特に、体への興味が高まる思春期、すでに亀頭が露出している同級生の男子のペニスを見る機会があって悩みとなったり、逆に同級生たちにペニスを見られてからかわれたりして、悩みとなったりするわけです。
いずれにしても、男性としての価値が普通より低いと本人には思えるわけですね。
その結果、ときには恋愛だけでなく、仕事にまで自信をなくすなど、かなり深刻なコンプレックスになっていることもあります。

コンプレックスは気の持ちようで解決できることもありますが、そのコンプレックスの原因を解決できれば、コンプレックスも自然に消えます。
包茎は寝ていれば治るものではありませんから、長年のコンプレックスを解消するため、包茎手術を希望されることもあるのですね。
このようなコンプレックス解消も包茎手術にあるメリットです。