包茎手術で包茎は完治する? - 包茎手術メリット・デメリットとは

包茎手術メリット・デメリットとは > 包茎手術で包茎は完治する?

包茎手術で包茎は完治する?

包茎手術を受けた後、包茎は完治するのでしょうか?
この点、包茎自体は完治することもあります。
包茎は皮が余っていたり、亀頭先端部の皮が狭すぎたりして起こる症状で、外科的な処置を必要としますからね。
外科的な処置さえすれば、包茎の症状自体は治せるのです。
ただし、きちんと完治させるため、術後の決まりはしっかり守るようにしてください。

包茎手術を受けた後、通院などは不要となることが多いですが、厳禁となる行為はあります。
もっともNGとなるのは、ペニスを直接刺激する「性行為」や「マスターベーション」などです。
麻酔や痛み止めなどで痛みを感じないようにしていても、実際には体が傷ついており、まだ治ってもいない段階です。
患部に強い刺激が加わらないよう、性行為等は厳禁と心得てください。
コレを禁止される期間は、ケースや医師の指導によるのですが、最低でも1か月程度は禁止となるケースが多いです。
手術直後はともかく、術後2週間ほど経つと痛みもかなり引き、もう治ったように感じられるかもしれませんが、性行為等はペニスの完治を待ってから行うようにしてください。

また、性行為等にかかわらず、ペニスに強い力がかかる下着や姿勢も避けた方がいいでしょう。
たとえば、サイズの小さいビキニ型のパンツをはいたり、うつ伏せで寝たりといったことは、避けた方が無難です。
また、入浴も医師に指導により、許可できる時期が決まっています。
これら決まりは守るようにしてください。

以上のような注意点を守れば、包茎手術により、包茎を完治できることもあります。
術後のケアを間違えるとせっかくの包茎手術のメリットが無駄となりますから、これらは守るようにしてくださいね。