包茎手術の術後には自信がつく!? - 包茎手術メリット・デメリットとは

包茎手術メリット・デメリットとは > 包茎手術の術後には自信がつく!?

包茎手術の術後には自信がつく!?

包茎手術のメリットとして、術後、自分に自信がついたという例も多いです。
男性のペニスは、亀頭が現れているのが普通とされます。
このことはよく知られていますので、本人が包茎のことを未熟さの証ととらえて落ち込むこともあります。
実際にペニスを他人に見られる機会は少ないですし、見られたところでそれをあからさまに指摘する方もほとんどいないのですが、バカにされるのではという不安感があり、自分に自信を失くすケースも多いですね。

また、「女性」に対して消極的になるというケースも多いです。
包茎は男性特有の悩みですが、女性にもよく知られている問題です。
恋愛では特に男性としての魅力や価値を問われますから、包茎は男性としての魅力を損なうと思え、自信を失くすケースも多いですね。
だからこそ、包茎手術で包茎が治ると、それが自信につながるわけです。

また、健康上の強い問題が解決されたことで自信がつくという例もありますね。
カントン包茎や真性包茎の場合、仮性包茎に比べて健康上のリスクが大きく、男性としての自信ではなく、普通に生活していくだけの自信を失くしているケースもあります。
亀頭周りの皮が狭く、亀頭の露出が物理的に難しいこれら包茎では、勃起するのも難しくなります。
場合によるとペニスをひもで強く縛ったような形となり、ペニスへの血流が止まって深刻な問題を招くこともあります。
このようなリスクが24時間、365日付きまとう中では、普通に生活できるか自信を失くす場合もあるでしょう。
そのため、包茎手術で包茎が治ると、自信の解決につながるわけです。

このように、包茎手術を受ける方は、それまでに何らかの形で包茎に悩んできていますので、手術を受けるとある程度は自信を回復される方が多いですね。