切らない包茎手術もある - 包茎手術メリット・デメリットとは

包茎手術メリット・デメリットとは > 切らない包茎手術もある

切らない包茎手術もある

包茎手術を受ければ包茎を治せることもありますが、そのためには手術が必要となると、失敗したときのリスクをデメリットに感じることもあるでしょう。
しかし包茎手術の中には「切らない包茎手術」もあります。
手術と名がついていますが、本当に皮を切り取る手術に比べると、体への負担はかなり軽くなります。
すると包茎手術のメリットもより大きく感じられますから、この手術のことも知っておくといいでしょう。

切らない包茎手術とは、包茎の問題が比較的軽い方が受けられる手術になります。
包茎のタイプでいえば「仮性包茎」に限られ、その中でも症状が軽い方は、この手術をオススメできます。
この手術の方法ですが、皮をむいた状態で一定期間固定し、何もしなくても皮がむけるように、いわば巻癖をつけるような処置になります。
亀頭を覆っている皮は柔らかく、引っ張れば伸びますし、しばらく同じ力を加えると、その状態でのクセがついたりしますよね。
それを逆手に取り、皮をむいた状態で固定するため、無理のない範囲で皮を引っ張り続けるような処置になるワケですね。
皮を固定するための具体的な処置は、縫合や医療用接着剤などです。

これですべての仮性包茎が治せるとは限りませんが、症状が比較的軽い方なら、これだけで包茎が治ることもあります。
実際に皮を切り取る処置に比べると、ずっと負担は軽くなります。
包茎手術のデメリットが減り、メリットの方を大きく感じられるでしょう。
通常の包茎手術では、そのデメリットの方が気になる方は、このような切らない手術のことも含め、包茎手術のメリットを考えてみてくださいね。