包茎手術にあるリスクとは - 包茎手術メリット・デメリットとは

包茎手術メリット・デメリットとは > 包茎手術にあるリスクとは

包茎手術にあるリスクとは

包茎手術にはリスクもあります。
この点もデメリットとして確認しておきたいですね。
よくあるデメリットは、手術の傷跡が非常によく目立ち、見栄えが悪いことです。
手術の方法によっては亀頭のすぐ下に傷跡ができるため、包茎手術を受けたのが一目でわかる場合があります。
また、皮の切除の方法が不自然で、皮が突然切れているように見え、やはり包茎手術を受けたことがすぐわかったりしますね。
これら見栄えの悪さがあると、包茎手術を受ける前に持っていた悩みが解決されないため、手術を受けた意味がなかったと感じられる場合もあります。

たとえば、包茎は見栄えが悪いと思い、男性として自信を失くすから包茎手術を受けたとしましょう。
それにより、包茎自体は完治したものの、手術の傷跡が強く目立つため、包茎手術を受けたのが一目でわかると、やはり同じように見栄えが悪く、やはり自信を失くした…というケースがありますね。
このように、包茎手術で包茎自体は治っても、それで手術を受けようと思ったそもそもの問題が、完全に解決するとは限りません。
このリスクは手術を受ける前に知っておくといいでしょう。

他にもあるリスクとして、包茎手術を受けたことで、手術前にはなかった問題が現れることもあります。
たとえば、手術時に性感帯を間違って切断してしまったため、射精ができなくなるケースがあります。
他にも、手術時に皮を多く切りすぎてしまったため、勃起時に皮の長さが足りなくなり、皮が突っ張って痛みを感じるというケースもあります。
このようなリスクもあることは知っておくといいでしょう。