包茎の問題点とは - 包茎手術メリット・デメリットとは

包茎手術メリット・デメリットとは > 包茎の問題点とは

包茎の問題点とは

そもそも包茎の問題点とはなんでしょうか?
包茎にはいくつかのタイプがありますが、すべてのタイプに共通するのは、ペニスが不潔になりやすいこと。
ペニスには、排尿や射精などの役目があり、元から汚れやすい部分です。
清潔に保つためには、患部をよく洗い、乾燥させることも必要ですよね。
それが難しいのが包茎です。
亀頭が皮に覆われているため、入浴やシャワーのとき、意識して洗わないと亀頭周りに汚れが残りやすくなります。
ちゃんと皮をむいた状態で洗えば清潔に保てますが、入浴後、亀頭がずっと皮に覆われていますから、中に湿気がこもりやすくなります。

雑菌が繁殖しやすいのは、どちらかといえばジメジメと湿気がこもっている状態ですよね。
平常時はもちろん、意識してよく洗っていても、包茎ではどうしても亀頭周りが不衛生になりやすいのです。
これが、絶対に治療の必要はない「仮性包茎」から、治療を比較的強く勧められる「カントン包茎」「真性包茎」まで、すべてに共通する特徴です。
亀頭周りが不衛生になりやすいと、ゴミや垢が皮の中に溜まったり、ペニスの臭いが強くなったりします。
ペニス自体にとってもあまりいいことではありませんし、これを敬遠する女性もいます。
これらのことが、包茎の大きな問題と言えますね。

また、対象者はやや少ないですが、カントン・真性包茎の場合、健康上の問題があります。
いずれも亀頭周りの皮がペニスを圧迫するような形であり、亀頭を露出できません。
勃起も難しく、無理に勃起しようとすると血の流れが止まるなど、深刻な事態となる恐れもあります。
このように、包茎自体にもいくつかの問題点があります。
だからこそ、これらをまとめて解決できる包茎手術のメリットは大きいのですね。