包茎手術のデメリット - 包茎手術メリット・デメリットとは

包茎手術メリット・デメリットとは > 包茎手術のデメリット

包茎手術のデメリット

包茎手術にデメリットはあるでしょうか?
包茎を治し、包茎がもたらしていた問題も一気に解決できるという大きなメリットが目立ちますが、これにもデメリットがあります。
主には「費用」と「心身への負担」ですね。

包茎手術は、比較的高額になるケースが多いです。
たとえば、日本人にもっとも多いとされる仮性包茎の場合、手術には15万円近くかかることも多いですね。
カントン包茎や真性包茎の場合、20万円を超えることも多いです。
それほど費用がかかるわけは、保険が使えないことが多いからです。
包茎手術は美容整形外科で行われることが多く、健康保険の対象外とされやすいのです。
包茎手術で保険が使えるのは、仮性包茎以外の2つの包茎の治療を、泌尿器科で受けた場合に限られるのがほとんどですね。
しかもその場合、包茎を完全に治す治療ではなく、カントン・真性包茎を、仮性包茎に緩めるだけの手術となるケースもあります。

包茎を完全に治したい場合、病院で風邪薬をもらうような感覚では、治療は受けられません。
その上、包茎を治すにはどうしても外科的処置が有効なため、どうしても「手術」となるケースが多いです。
手術に対して、一定の恐怖を感じる方も多いのではないでしょうか?
実際の手術では麻酔も使われますし、術後には痛み止めも処方されます。
激痛に苦しむことはほとんどないのですが、それでも手術を経験したことがない方など、やはり抵抗感はありますよね。
また、実際に手術を受けた後、術後のケアに少し気を使う必要もあります。

このように、心と体の両方にやや負担が大きいのはデメリットですね。
さらには、手術自体は成功でも、別の問題が後に生じることもあります。
このように、包茎手術にもデメリットはあることを確認しておきましょう。